Qpix Control 2 Logo

考え抜かれたソフトウェアアーキテクチャ

ライブ画像や3D画像の表示を含めた試料管理

画期的な3次元画面コントロール

プロ仕様の機能構成と直感的な操作性:

画期的な3次元画面コントロール

Qpix Control2は、硬さ試験の次世代を担うソフトウェアです。お客様のご意見・ご要望を取り入れながら開発を進め、これまでにない快適な操作を実現しました。高さ自動調節と非接触式位置合わせ機能を搭載し、ソフトウェアで制御可能な検査ヘッド、一体型の試料ホルダー、そしてCAD互換の3次元画像処理機能、3次元の視点と各種設定の制御機能を備えたソフトウェアによって、Qnessは硬さ試験に新しい基準を確立しています。

Collision Avoidance System最先端のCAS(Collision Avoidance System:衝突防止装置)が搭載されており、試験時のあらゆる動きが予測され3次元で表示されるので、機械部品の衝突と誤動作を防ぐことができます。

3段階の試験手順

試料の装着, パターンの設定, 試験開始

試料の装着

1. 試料の装着

試験機が自動的に試料ホルダーの高さまで動きます。試料の写真が自動的に撮影されます。

パターンの設定

2. パターンの設定

すばやいパターン設定:測定パターンを希望する位置までドラッグします。一連の測定点を自動的に整列する機能が備わっているので、測定点の位置が補正されます。

試験の開始

3. 試験の開始

当該の硬さ試験規格に従って、完全自動で試験が実施されます。

多彩な機能をもつ量産モデルで汎用性を実現

複数の試料、テンプレート管理、最適停止機能など

多種多様な試料を測定可能

多種多様な試料を測定可能

同じ成形型を使って埋め込んださまざまな試料を一度に測定できるので、試料と試験結果の管理が容易です。

分かりやすいテンプレート管理構造

分かりやすいテンプレート管理構造

保存されているテンプレートを図表アイコンで分かりやすく表示します。また、テンプレートの詳しい説明を見たり、指示事項を自由に設定したりすることもできます。

CHD/SHD/NHDの試験時間の最適化

CHD/SHD/NHDの試験時間の最適化

すべてのくぼみを計測してから硬さ値を計算し、硬さの下限値を下回ると測定を完了させます。試験全体にかかる時間を節約できます。

溶接部の試験

溶接部の試験

熱の影響を受ける溶接部の測定点を多角形の辺に沿って平行に配置していきます。位置決め用の円と測定点のマークが表示されるので正確に配置できます。

焼結金属の試験

焼結金属の試験

複数の測定点をまとめてグループにし、その硬さ値にばらつきがある場合は、異常値を除外した平均を求めます。

測定点の位置の予測

測定点の位置の予測

予想されるくぼみの大きさが表示されるので、圧子を押し込む位置を簡単に決められます。くぼみの間隔が規定の最短距離より短い場合は警告が表示されます。

パノラマ画像

パノラマ画像

試料の撮影と画像解析時にはパノラマ画像が使用できます。ごく小さな試料から非常に大きな試料まで、常に鮮明な画像が得られます。硬さ試験の開始前、または全工程完了後に、自動撮影をプログラムできます。

優れたデータ管理と手順書の作成機能

優れたデータ管理と手順書の作成機能

手順書の構成とデータ表示方法を設定できます。また幅広いオプションで保存する試験データの構成を決めることができます。Qpix Control2 ソフトウェアでエクスポートするファイルと手順書の内容を設定できるので、日々の作業を簡易化できます。

Qness Calibration Manager:硬さ基準片の管理

硬さ基準片の管理

較正の設定と較正データの分析:Qness Calibration Managerで特定の較正周期を設定して、較正時期が来るとメッセージが表示されるようにすることができます。較正結果は、継続的に統計を作成しているデータ群にボタンワンタッチで追加することができます。較正の許容誤差と硬さ値の長期間の傾向が、使用した装置と基準片ごとに分かりやすく表示されます。Qnessの硬さ基準片のデータはオンラインでチェックできます。基準片の詳細を入力する必要はありません。試験手順書も簡単に出力できるので、品質監査にも役立ちます。

多彩なオプション

エッジ検出, 輪郭のスキャン,...

エッジ検出

エッジ検出

試験工程のテンプレートとエッジ検出ソフトウェアモジュールを使うと、測定点のパターンが試料からずれているときに位置を微調整できます。試験を開始する前に、試験機が自動的に正しい開始位置に動き、測定点の位置が補正されます。

輪郭のスキャン

輪郭のスキャン

輪郭全体に沿って測定点を配置するか、一部だけを使用するかを選択できます。測定レンズによってスキャンされた輪郭全体のデータは、すべてプログラムに保存されます。このデータ収集後は、輪郭に沿って配置する測定点の数や輪郭との距離を指定することができます。このようにプログラムすることで、硬さ試験を全自動で実施することができます。

2次元と3次元画像のカラーマップ

2次元と3次元画像のカラーマップ

熱処理された試料の表面全体または一部の硬さ値の分布をカラーマップで示します。2次元画像および自由に回転可能な3次元画像が、硬さ値に従って色分けされます。

抜群の画質

4Kの超高解像度(18メガピクセル)を誇るカラーカメラ

Qpix Control2は、4K超高精細画像をサポートしています。18メガピクセルの新しいUSB 3.0カラーカメラで捕えた試料表面とくぼみを鮮明に映し出します。モニターに合わせてソフトウェアの設定を柔軟に変更でき、レンズの視野を広げるズームの設定は4段階あります。Qness製ハイエンドPC、またはお客様によって提供されたPCを使用できます。

本ウェブサイトではCookiesを使用しています。本ウェブサイトのご利用により、Cookiesの使用にも同意することになります。