最先端の
硬さ試験

ビッカース、ロックウェル、
ブリネルの標準的な試験に対応

試験方法と試験負荷範囲

試験負荷の種類

Q250

0.5 kg
250 kg
Brinell

ブリネル

DIN EN ISO 6506, ASTM E-10

  • HBW 1/1
  • HBW 1/2.5
  • HBW 1/5
  • HBW 1/10
  • HBW 1/30
  • HBW 2.5/6.25
  • HBW 2.5/15.6
  • HBW 2.5/31.25
  • HBW 2.5/62.5
  • 2.5/187.5
  • HBW 5/25
  • HBW 5/62.5
  • HBW 5/125
  • HBW 5/250
  • HBW 10/100
  • HBW 10/250
  • HBT (not acc. to standards)
Vickers

ビッカース

DIN EN ISO 6507, ASTM E-384

  • HV 0.5
  • HV 1
  • HV 2
  • HV 3
  • HV 5
  • HV 10
  • HV 20
  • HV 30
  • HV 50
  • HV 100
  • HVT (not acc. to standards)
Rockwell

ロックウェル

DIN EN ISO 6508, ASTM E-18

  • HRA - HRV
  • HR15-N/T/W/X/Y
  • HR30-N/T/W/X/Y
  • HR45-N/T/W/X/Y

変換機能を内蔵:
DIN EN ISO 18265, DIN EN ISO 50150

Q750

3 kg
750 kg
Brinell

ブリネル

DIN EN ISO 6506, ASTM E-10

  • HBW 1/5
  • HBW 1/10
  • HBW 1/30
  • HBW 2.5/6.25
  • HBW 2.5/15.6
  • HBW 2.5/31.25
  • HBW 2.5/62.5
  • HBW 2.5/187.5
  • HBW 5/25
  • HBW 5/62.5
  • HBW 5/125
  • HBW 5/250
  • HBW 5/750
  • HBW 10/100
  • HBW 10/250
  • 10/500
  • HBT (not acc. to standards)
Vickers

ビッカース

DIN EN ISO 6507, ASTM E-384

  • HV 3
  • HV 5
  • HV 10
  • HV 20
  • HV 30
  • HV 50
  • HV 100
  • HVT (not acc. to standards)
Rockwell

ロックウェル

DIN EN ISO 6508, ASTM E-18

  • HRA - HRV
  • HR15-N/T/W/X/Y
  • HR30-N/T/W/X/Y
  • HR45-N/T/W/X/Y

変換機能を内蔵
DIN EN ISO 18265, DIN EN ISO 50150

Q3000

10 kg
3000 kg
Brinell

ブリネル

DIN EN ISO 6506, ASTM E-10

  • HBW 1/10
  • HBW 1/30
  • HBW 2.5/6.25
  • HBW 2.5/15.6
  • HBW 2.5/31.25
  • HBW 2.5/62.5
  • HBW 2.5/187.5
  • HBW 5/25
  • HBW 5/62.5
  • HBW 5/125
  • HBW 5/250
  • HBW 5/750
  • HBW 10/100
  • HBW 10/250
  • 10/500
  • 10/1000
  • 10/1500
  • 10/3000
  • HBT (not acc. to standards)
Vickers

ビッカース

DIN EN ISO 6507, ASTM E-384

  • HV 10
  • HV 20
  • HV 30
  • HV 50
  • HV 100
  • HVT (not acc. to standards)
Rockwell

ロックウェル

DIN EN ISO 6508, ASTM E-18

  • HRA - HRV

変換機能を内蔵:
DIN EN ISO 18265, DIN EN ISO 50150

完全自動の試験プロセス

完全自動の試験プロセス

加圧は閉回路で電子制御

データ管理

データ管理

  • 多くの統計機能を搭載:
    棒グラフ、線グラフ、ヒストグラム
  • 試験結果はXMLまたはCSVファイルでエクスポート
  • 各くぼみに関する詳細な基本情報
  • 試験報告書はExcel、Word、PDFで出力、または印刷が直接可能
  • 量産運転では自動エクスポートと自動削除機能を使用

Qpix T2ソフトウェアの詳細情報 ›

12インチ静電容量式タッチスクリーンディスプレイ

12インチ静電容量式タッチスクリーンディスプレイ

  • シンプルな操作
  • 明るいまたは暗いフィールド処理ではリングライトを使用して完全自動で画像解析
  • 標準で4段階のズーム機能が付いたレンズを装備
  • 高速オートフォーカス
  • 手動によるフォローアップ測定が可能

Qpix T2ソフトウェアの詳細情報 ›

高さを調節できる試験テーブル

高さを調節できる試験テーブル

遊びのないローラーベアリングスピンドルガイドで調整

回転可能なダウンホルダー

回転可能なダウンホルダー

手が届きにくい試験位置のために、工具交換に時間がかかることはありません。特許考案のダウンホルダーは内側および外側に手動で揺動できます(モーターが必要)。さらに、押さえ材を簡単に交換でき、ユーザーのコンポーネントに合わせて調整できます。

オンラインサポート

オンラインサポート

ソフトウェアの「オンライン・サポートモード」を選択すると、硬さ試験装置がQnessサービスセンターにリンクされます。これによってユーザーサポートやソフトウェア更新が迅速化されます。

さまざまな種類の試験台や試験スタンドで使用可能

さまざまな種類の試験台や試験スタンドで使用可能

さまざまな種類の試験台やプリズム台に対応しているので、規格外の大型材・円形材ならびに起伏面のある試験対象物の硬さ試験も実施できます。

優れた操作性
― 操作を迅速かつスムーズに

検査速度の向上、
安定性の向上、
安全性の向上

サーボモーターにより、ツールチェンジャー(6ツール)
が所定位置に収まるスピードが大幅にアップ。
段取り時間を大きく短縮しました。

揺動モーターの直径が17mmから30mmに拡大されたことで、
パフォーマンスが20倍増。モーターシャフト直径の拡大により、
安定性も大幅に向上しました。

凹凸のある試験面で圧子が滑ったときも、
モーターのロータリーエンコーダによって制御システムがエラーを検知します。
それによって、試験を自動的にオフに切り替え、試験機とインデンタを破損から守ります。

技術データ

CS/C モデル

 
試験力の領域 0,5 - 250 kg (4,9 - 2450 N) 3 – 750 kg (29.4 – 7358 N) 10 - 3000 kg (98 - 29430 N)
試験の高さ/スロート深さ 180 / 180 mm 340 / 260 mm 180 / 180 mm 340 / 260 mm 180 / 180 mm 340 / 260 mm
ソフトウェア Qpix T2          
ディスプレイ 12インチ静電容量式タッチスクリーンディスプレイ
インターフェイス 1 x USB(前面)、2 x USB、1 x RS232、1 x RJ45(イーサネット)
試験テーブル 径100 mm(オプションで径220 mm)
標準的な装置の重量 125 kg 150 kg 125 kg 150 kg 180 kg 230 kg
ワークピースの最大重量 「制限なし」
電源 100 - 240V ~1/N/P, 50 - 60Hz
最大入力電力 ~ 480 W          
付属品およびオプション製品  
全般 レンズ(2.5倍、4倍、10倍、20倍、40倍)、ペネトレータ(ビッカース、ロックウェル、ブリネル
試験室のLED照明、バーコード/QRコードリーダー、試験アンビル、試験機台座
工具交換r 6位置、モーター駆動 (試験高さを約30 mm縮小)
データリンク 双方向データリンクを備えたQpix Control2M

 

製品構成プログラムを今すぐ実行して、見積を依頼する

見積りは無料です。お問い合わせはお気軽に。

本ウェブサイトではCookiesを使用しています。本ウェブサイトのご利用により、Cookiesの使用にも同意することになります。